Fandom


Session Play / セッションプレイ
Chicken (鶏)Troll Crusher (トロルの粉砕者)Ranger (野伏)
Angamarim Bloodletter (アングマリム)Laerdan (ライルダン)Arodel (アロデル)Nafni (ナフニ)
Ori (オリ)Iarvund (ヤルヴンド)
Chicken Session Play / 鶏プレイ
鶏プレイ0
鶏プレイは「第十巻 王の都」アップデートで導入されたセッションプレイで、低レベルのプレーヤーでも挑戦できる要素の一つです。スタートのクエストは The Shire (ホビット庄) の Michel Delving (大堀町) 近くにある Sandson's Farm (サンドソンの農場) にいる Wald Sandson から受けることができ、鶏となって様々なクエストに挑戦できます。鶏小屋から敵をかわしつつ各地方に逃げることになります。

鶏のプレイでは闇の勢力の増加に伴い、増えている狼に世界的な危機を感じ、鶏たちが、世界各地にいる動物達に警告するという、「もう1つの指輪物語」ともいうべきストーリーが体験できます。鶏に変身したプレーヤーは非常に非力であり、モンスターに襲われたらあっという間に倒されてしまいます。プレーヤーは必死になって逃げながら目的地を目指すことになります。 鶏プレイの間は「フェローシップ (パーティー)」に対応していません


Chicken -- Level 1
Chicken PIC
士気アイコンMorale (士気):35  気力アイコンPower (気力):59  アーマーアイコンArmour (アーマー):27
Avoidance (回避能力) Critical Hit Avoidance (クリティカルヒットの回避能力)
Block (ブロック): 0 Melee (近接):0
Evade (回避): 6 Ranged (遠隔): 0
Parry (受け流し): 0 Tactical (戦術): 0
Mitigation (緩和)
Common (一般): 28
Fire (火): 28
Frost (霜): 28

クエスト
Quest:【6】Which Laid First? 最初に産卵したのは?
Quest:【6】The Early Bird 早起き鳥
Quest:【6】The Sky is Falling 空が落ちる
Quest:【6】Flying the Coop 鶏小屋から逃げる
Quest:【6】Flying the Coop -- Bree-land 鶏小屋から逃げる:ブリー郷
Quest:【6】Flying the Coop -- Ered Luin 鶏小屋から逃げる:エレド・ルイン
Quest:【6】Flying the Coop -- Evendim 鶏小屋から逃げる:イヴンディム
Quest:【6】Flying the Coop -- Lone-lands 鶏小屋から逃げる:さびし野
Quest:【6】Flying the Coop -- North Downs 鶏小屋から逃げる:北連丘
Quest:【6】Flying the Coop -- Trollshaws 鶏小屋から逃げる:トロルの森
Quest:【6】Returning to Wald ワルドの元へ戻る
Quest:【6】Free Range 放し飼い

アクティブ スキル
鳥の素早さ-icon Fowl Fleetness
鳥の素早さ
突発的速力で、自由に潰されるかの違いが出てくる / +50% 走るスピード
ミミズを探す-icon Seek The Worm
ミミズを探す
あなたは厳しい視線から何者も逃れられない。ミミズとて同じだ。
フクロネズミのまね-icon Possum Impersonation
フクロネズミのまね
中つ国は危険な所だ。死んでいる方がいい時もある
小さな動きですり抜ける-icon Bob and Weave
小さな動きですり抜ける
時には、いや実際ほとんどの場合、攻撃を避けることが生き残る術となる
+50% 回避率 / 遠隔攻撃を回避すると、さらに25%追加されます
被害妄想-icon Paranoia
被害妄想
はっきりとは分からないが、なにか不穏な空気を察する / +49 隠形探知

報酬
Cloak of the Cluck-icon
Cloak of the Cluck
取得時にバインド
 
マント
アーマー値: 2
このマントのもつ力を身にまとう
待機時間: 5 分
『サンドソン家はあなたがどうやったのか分からないが、あなたに一家の標章を表する上質なマントを与えた』
Cloak of the Cluck hobbit
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。