Fandom


The Rift of Nûrz Ghâshu ボス
BarzZurmFrûzZogtarkNarnûlubatShadow-EaterStone-BiterThrângThaurlach


レベル: 51 Barz
Angmar >> The Rift of Nûrz Ghâshu
Barz
Genus (属): トロル族 Species (種): ゴルドログ
Max Health (最大士気): 137,260 Type (タイプ): アーチ・ネメシス
Max Power (最大気力): 1,000 Alignment (性格): 邪悪
Combat Effectives (戦闘効果)
Melee Def (近接防御): まあまあ
Tacticla Def (戦術防御): まあまあ
Range Def (遠隔防御): まあまあ
Conj. Immune (連携耐性):
Stun / Mez (失神放心耐性):
Root Immune (足止め耐性):
Resistances (抵抗力)
Cry (声): まあまあ
Song (歌): まあまあ
Tactical (戦術): 良い
Physical (物理): 良い
 
 
Mitigation (緩和)
Common (一般): 優秀 AncientDwarf (古のドワーフ): 優秀
Fire (火): 良い Beleriand (ベレリアンド): 優秀
Light (光): 素晴らしい Westernesse (西方国): 優秀
Shadow (影): 優秀 Frost (霜): 未確認
Lightning (雷): 未確認 Acid (酸): 未確認

攻略編集

まず部屋にいる雑魚を掃除する。
Blogmal Troll-keeperBlogmal Cave-troll→奴隷の支配者と奴隷

戦術
HNT x1、 サブタンク(CHN、GRD)x1、 そしてタールを使用するLRMがいると良い。 彼らがダメージを受けた場合に備えてそばにMNSを配置する。

フェローシップごとに+4/+5トークン

戦闘
サブタンクがBarzを戦闘状態にさせてから少しの戦力で開始する。 GRDは後から来る敵のために温存しておく。

増援
増援する敵はは部屋の右側の小さなキャンプ付近から発生する。

"The slave-masters say you refuse to work!" (奴隷たちよ俺の所に来い!)

の台詞で敵が増援する(普通のトロルキーパーや奴隷の支配者など) GRDは後衛の詠唱を妨害させないように奴隷たちを引き離す。

士気70%(Blogmal Troll-keeperBlogmal Cave-troll
士気50%(Hillmen Slave1&Hillmen Worker4)
士気30%(Hillmen Slave1&Hillmen Worker4)

連れ回し
GRDはバルズの右側にあるパビリオンのような石造建築物の階段に向かい大きな円を描くようにバルズを走らせる。 LRMは彼を減速させるように通過する経路上の所々にタールを撒いておく。 同様にHNTは彼を減速させると共にダメージを少しずつ与える。 ハンマーを使用し始めた場合に備え、決してバルズをレイドのそばに近づけてはならない。

特殊能力編集

およそ10秒間隔でバルズは2種類の特殊能力を使用してくる。

"No power is stronger than Barz!" (バルズにかなう者などいない!)

彼の近くにいるプレイヤーから約500の気力を吸収する。

"I'll gnaw your bones!" (お前の骨を噛み砕いてやる!)

ハンマーを地面に叩きつけ、彼の周囲10m以内にいる者全てに1500ダメージ/秒を与える。範囲外に逃れるまでは約4秒。

もしズルムを先に倒していた場合はバルズに追加の特殊能力がつきます

戦闘中定期的に

"I'll bring the cavern down on you!" (洞窟を崩してやる!)

と叫び、崩落が数箇所で発生する。 崩落は半径5mの範囲内にいる者全てにダメージを与える。 崩落が起こる前に地面が暗くなるのが見えるため、岩石が落下し始める前に範囲外に逃れることは可能である。

CollapseEffect-icon
Collapse
抵抗力: 傷 (51)
2秒ごとに1,000一般ダメージを与える


ドロップ編集

Near Perfect Sapphire-icon Near Perfect Sapphire
Threkrand-icon Threkrand
Thick Gold Ring-icon Thick Gold Ring
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。