Fandom


Faemír v2
Relic-master
所在地: 13.44S, 56.24W
The Haunted Inn
Mirkwood >> The Dourstocks


MirkwoodMAPP

IconSmall POI31





ファエミーア
Destruction / 解体
解体パネル

Deconstruct(解体)パネル

解体結果

解体結果

アイテム成長武器は特定のクラスと結びついており、アイテムを調査した時に明らかになります。調査はそれが装備/使用可能なものかどうかを明らかにする助けにもなります。たとえばあるアイテムが、あなたのキャラクターのクラスと一致せず、別のアイテムを鍛錬する材料が欲しい場合、その使用できないアイテムを「Deconstruct (解体)」し、材料である Relics (遺物) にすることが可能です。そうすることで遺物を、もっとあなたのクラスに合った別のアイテムに適用できます。解体する伝説的アイテムのレベルが高いほど、高レベルの遺物や複数の遺物が戻ってきます。遺物の修正値は現在ゲーム中で見つかるアイテムと同程度のものです。ただ違うのは、遺物をはめ込むことで、あなたの望む正確な修正値をアイテムに配置できる点です。

アイテムの Identified (鑑定)、Created (作成)、Deconstructed (解体) には小規模な「ランダム」要素が存在します。それらは鍛錬・遺物名人によって決定されます。覚えておいてください、同じアイテムは二つとありません。とにかく、遺物名人は彼が触れるアイテムそれぞれに手数料を要求します。アイテムの解体はとても高くつく代物になるでしょう。


Relic-master (遺物名人) がアイテムを解体すると、彼はあなたのキャラクターにSetting (象嵌)、Gem (宝玉) 、Rune (ルーン) といった形の、いくつかの小さな Relics (遺物) を渡してくれます。遺物名人は低級の遺物を合成して強力なものを作る、たとえば宝玉を組み合わせてより強力な宝玉にすることもできます。


武器 (レベル11以上) を解体するとき、その武器で得た経験の20%から75%でトークンを受け取ります。そのトークンは1つのアイテムに適用することができるHeritage Runes (継承ルーン) の形で返されます。武器/アイテムのレベルが高いほど Deconstructed (解体) で戻る機会が高くなります。解体ボーナスは、11、21、31、41および50レベルです。

HeritageRune

解体すると、ごく稀に Legendary Shard と呼ばれるアイテムを獲得することがあります。このアイテムは新しい伝説アイテムを製作するために使われます。レシピは Crafting Guilds (生産組合) の商人から入手することが出来ます。

LegendaryShard

Re-forging / 再鍛錬
RelicForging
Identification (鑑定) を済ませ、伝説的アイテムとして取っておくことにしたら、経験値と能力を獲得できるようにするため、装備(またはバインド)しなければなりません。「装備」すると、伝説的アイテムは「バーグラーの第二紀の短剣」のような形になります。以下にその詳細を記しましょう。

この時点で、あなたの武器はRelics (遺物)――アイテム名人たち『 Relic-master (遺物名人) と Forge-master (鍛錬名人) 』がIdentification (鑑定)・Destruct (解体) した他の伝説的アイテムから得られる、強力な魔法の構成要素―― を割り当てられるようになります。モリアの導入クエスト、第二部第一巻を終えると、伝説的武器やクラスアイテムを解体できるようになります。遺物には Setting (象嵌)、Gem (宝玉)、Rune (ルーン) の三種類があります。

遺物は武器の効果や有用性を強化する2~3の固定ボーナスを持っています。これらの構成要素はあなたのインベントリーには入らず、他のキャラクターとの交換や競売への出品もできません。ただし破壊はできます。それはあなたが遺物を置き換えた時、またはより強力な遺物へと合成した時に起こります

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。