Fandom


Rhovanion 地方
MoriaLothlórienMirkwoodThe Great River
Mirkwood / 闇の森
Mirkwood PIC
闇の森(やみのもり・Mirkwood:マークウッド)はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』で登場する架空の森である。密な樹木が生い茂り、巨大で危険な蜘蛛が巣くっている他、その深部である東側には灰色エルフたちが住んでいて、王国を築いている。闇の森は『ホビットの冒険』第8章の舞台となる大きく密な森で、外縁部ですら巨木がいたるところに根を張り、黒々とした枝葉を茂らせている。徒歩で数日(約4日)の西側にはビヨルンの住む地域があり、ガンダルフと別れた13人のドワーフとホビットのビルボ・バギンズは、この森の西側から東へ抜けようとして遭難、深部にある灰色エルフの王スランドゥイルの屋敷で暫く虜囚となった。森の中にはこれを突っ切る流れの激しい川が一本ある。
Wikipedia「闇の森」より抜粋

Ashenslades 灰色の湿地
Dol Guldur ドル・グルドゥア
Emyn Lûm エミュン・ルーム
Gathbúrz ガスブーアズ
Mirk-eaves 闇の軒先
Taur Morvith タウア・モルヴィス
The Dourstocks 陰気な切り株
The Drownholt 溺れる森
The Scuttledells 急ぎの谷
Mithechad ミセハド
Thangúlhad サングーラド
The Haunted Inn 幽霊宿屋
Helethir ヘレシール
Ost Galadh オスト・ガラズ

Mirkwood

名声派閥:Malledhrim マルレズリム

Southern Mirkwood Deeds (功績)
Mirkwood Titles (称号)
Mirkwood Quests (クエスト)
Mirkwood Landmarks (ランドマーク)

インスタンス
Sword-hall of Dol Guldur ドル・グルドゥアの剣の間
Dungeons of Dol Guldur ドル・グルドゥアの地下牢
Warg-pens of Dol Guldur ドル・グルドゥアのワーグの檻
Sammath Gûl サンマス・グール
Barad Guldur バラド・グルドゥア

Mirkwood
集落野営地
MithechadThangúlhadHelethirOst GaladhThe Haunted InnEchad SirionEstolad Mernael
地域
AshensladesDol GuldurEmyn LûmGathbúrzMirk-eavesTaur MorvithThe DourstocksThe DrownholtThe Scuttledells
ランドマークインスタンス
Amon AngenedÂnghum-maudhûlBarad GuldurBúrzkalaDannenglorDungeons of Dol GuldurDurbúrz-stazgGarmadh-maudhûlGorogrodMinas CelebolfMinas GlórellothOst GaladhPack-howler's HillPool of Creeping DeathSammath GûlSword-hall of Dol GuldurSâd DoldúrSâd MeryrnSâd MorangolThe Crawling WaterThe Dark GapThe Tree of SufferingThe Wild RuinThe Wind StonesTirnhirionWarg-pens of Dol Guldur
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。